信頼できる英語の相談相手が欲しい人のための ”いつもそこにいる” メンター契約サービス | 英語SENSE

信頼できる英語の相談相手が欲しい人のための ”いつもそこにいる” メンター契約サービス

info@eigo-sense.com
050-3136-8733

サポートTELの対応時間 10:00~17:00(日本時間)

【 このサービスの特徴 】

  • 低コストで「相談権」を得られる
  • 1対1の環境で質問できる
  • 回答者の反応が早い

これはもしかしたら、英語を孤独に独習していた時代の私が最も欲しかったサービス かもしれません。

サービスの概要

英語は独習しないと決して伸びません。しかし独習は孤独なものです。その孤独な時間を併走します。

英語を一人で勉強していると、たくさんの疑問が出てきます(英語学習は「疑問」と「その解消」の無限の繰り返しです)。これらの疑問に対して、すぐに適切な回答が得られる環境がもしあるなら、学習の効率は一気に上がるはずです。

本サービスは、EmailやSNS等お好きな手段を使って、リアルタイム・非公開でいつでも英語に関する質問・相談ができるというものです。(※ 回答者プロフィール)

3つの特徴

本サービスの特徴は以下の通りです。

  • 低コストでいつでも質問できる権利を得られる
  • グループではなく1対1の相談サービスである
  • リアルタイムに反応が得られる

低コストである

英語の独習中に出るかもしれない「疑問」については以下のような特徴があると思います:

  • 疑問が出るかどうかはわからない。でも、出たときにはすぐに解消したい。
  • どのくらいの量、疑問が出てくるかわからない。
  • どんな種類の疑問が出てくるかわからない。
  • 今月そもそも英語学習にどの程度時間が割けるかはっきりしない。

ですので「必ず決められた時間、決められた内容のサービスを受ける」というよりも「権利予約」的な機能が独習には必要だと思います。よって、本サービスはワンコイン程度の低コストから提供しています。

講座の詳細へ進む

1 on 1 のサービスである

「質問」というのは、それ自体を正しく作ることが難しいものです。特に、学習中に抱く疑問においては「何が分かっていないか」がそもそも分かっていないことが多いです。

このことから学習者は「質問すること自体が恥ずかしい」という思考になりがちです。公開の場で英語に関する質問をすることは(それが匿名によるものであっても)心理的に難しかったりします。本当は疑問をいますぐ解消したいのに「質問そのものがうまく作れない」というのは、学習者の切実な悩みの1つです。


「いつもそこにいる」という安心

本サービスは学習グループを作るためのものではありません。あくまで回答者と1対1でやりとりして頂きます。

講座の詳細へ進む

すぐに親身な反応が得られる

SNS等を使用して相談・質問をすることで、リアルタイムに反応を得ることができます。

私は「親友から相談を受けた」という仮想的なスタンスで、あなたの相談・質問に丁寧に対応します。適当に流したりごまかしたりすることは厳に慎み、自分が学習者だったときのことを思い出しながら、1つ1つの疑問を大切に扱います。

質問や相談の内容は、必ずしも整理されていないモヤモヤしたものであっても、お友達感覚で気軽に聞いて頂いて大丈夫です。

※なお、年齢の上下関係によらず、あらゆる方に対して敬語を使用することを私は心がけています。

講座の詳細へ進む

こういうサービスではありません

あなたの代わりに何かをしてくれるサービスではありません

回答者のリソースは有限です。「長時間の調査が必要となるような質問」や「作業依頼」はお断りせざるを得ないことがあります。

良質の回答が期待できる質問とは、基本的に「回答者の現在の能力で、テキストベースで即答できるもの」です。以下の例を参考にしてください。

良質の回答が期待できる質問例

  • 英文法に関する質問
  • 英語発音のメカニズムに関する質問
  • 学習方法に関する一般的な相談
  • 回答者が普段、どのようにしているかという質問
  • 回答者がネイティブの友人にすぐ確認できる程度に練られた質問
  • ある情報に対して、回答者がどう評価を下すかという質問

良い回答が期待できない質問例

  • 長時間のヒアリングをしないと分からない質問(いまの私に一番向いている学習方法は何ですか? 等)
  • 各ジャンルで一番良い英語学習書を教えてください等、ベストを求める質問
  • 「この問題の答えを教えてください」「これを英訳してください」といった類の作業依頼
  • 特定専門分野に偏った質問(専門用語や、論文の書き方などについての質問)
  • そもそも、英語に関係しない質問(サービス対象外です)

とはいえ、私が「面白い」と思ったテーマであればのめりこんで調査する可能性はありますし、少なくともヒント程度は提供できるように心がけたいと思っています。

講座の詳細へ進む

お友達契約ではありません

このサービスは英語の疑問を解消するために提供しています。よって他愛も無いおしゃべりや愚痴などにお付き合いすることは難しいです。とはいえ、多少の脱線も許されないほど杓子定規な振る舞いはしないつもりです。何事も適度に、といったところです。

講座の詳細へ進む
 

学習のペース作りもお手伝いできます

独習を助ける2つの追加オプション

「いつでも自由に質問」も良いけれど、それだけだと「もしかしたらサボってしまうかも…」と不安で、ある程度のペースメイキングもして欲しいという方には、以下の2種類の追加オプションを提供しています。

英文添削オプション(月1回 or 2回)


ライティングは最も効率の良い英語学習方法の1つです

英作文を提出いただき添削とその解説を行います。添削をきっかけに質問がたくさん出てきたりするかもしれません。ペースは月1回もしくは2回から選べます。設問および添削ポリシーは 『英語SENSEカジュアルライティングコース』 のものと同様です。以下にポイントだけ引用します。

  • 日常会話によく出てくる話題がテーマ
  • 解説は長め
  • 全体の20%程度までは日本語で書いてもよい

コーチングオプション(月2回、各30分程度)

月2回の音声通話で、英語学習のペース作りのお手伝いをします。といっても、私が学習プランを作ったり、オススメの本を紹介したりといったことはしません。あなたのモチベーションを引き出し、やりたいこと・やるべきことは何なのかを、あなた自身に見つけて頂くためのコーチングスタイルで対話をします。

「なぜプランを作ってくれないのか?」についての説明は長くなります。一言でいうと、学習の内容は「自分で決める」ことが決定的に大事だからです。私の考え方について興味のある方は、長い記事ですが『本当の実力が付く、大人の英語勉強法6つの原則』をお読みください。

本サービスの詳細、お申し込み方法

◎ 料金体系

基本コースと組み合わせることのできる追加オプションを2種類提供しています(つまり、組み合わせは4種類ありえます)。

コース内容料金(税抜)
基本コース相談・質問への回答(一律の件数制限はなし)月額500円
英文添削オプション(※)+英文添削1回/月月額+2,500円
+英文添削2回/月月額+4,500円
コーチングオプション+月2回の音声学習相談(各30分程度)月額+4,500円

※ 決済手段としてはクレジットカードのみに対応いたします。
※ サービスの契約は自動更新です。空メールを送るだけで自動でキャンセル可能です。
※ 英文添削の内容はカジュアルライティングコースのものに準じます。

お申し込みフォームへ進む

◎ 必要な準備について

特別なものはありません。Email, SNS(Line, Facebook, Twitter)等、みなさんが使い慣れているお好きなツールをお選びください。

お申し込みフォームへ進む

お申込み・お問い合わせ

私には英語の師匠と呼べる人が数名います。英語学習の苦しい時期、これら先輩方のアドバイスがどんなに心の支えになったか分かりません。今の私は、あのころの私に必要だったものは何だったかよく分かっています。ぜひ、お手伝いさせてください。

よくあるご質問

Q. 友人に相談すると同じような感じなら、英語に詳しい友人がいればこのサービスは必要ないですか?

ケースバイケースだと思います。

私の体験談としては、英語に詳しい知り合いは何人かいましたが、質問するのはそれなりに気がはばかられるものでした。友人はいつでも協力してくれるボランティアではないので、聞ける頻度には限界があります。

お金を払ってサービスを受けているという意識になることで、質問がしやすくなる効果はあると思います。一方で、どんなに質問しても相手が嫌がらない恵まれた環境にいらっしゃる場合は、このサービスはいらないと思います。

Q. どうしてこんな低コストで提供しているのですか?

今のところはかなり実験的なサービス価格を設定させていただいています。将来的に正式価格にアップデートさせていただきます。

また、本サービスを利用頂きご満足いただいた相談者の方は、いずれ英語SENSEの他のクラスをご利用頂く可能性もあると思っていますので、種まき的な側面があります。といっても、本サービスのお客様に対して回答の体をもってして売り込みをする(「その質問に答えるにはこのサービスを買ってください」等の勧誘行為)ことは決してありません。

また「学習者がどこで悩むか」という情報は、私にとって特に興味があるものです。対応する記事を執筆したり、あるいは将来のサービス設計の参考にしたりできる可能性があると思っています。